バストアップを促すツボ

バストアップを促すツボ

バストアップを促すためには、女性ホルモンを分泌させる必要があります。

 

胸の膨らみというのは女性らしさを生み出す女性ホルモンの分泌がものをいうので、女性ホルモンの分泌をしっかりと促してあげることこそが、バストアップの近道になります。

 

バストアップの方法は、サプリメントや筋肉トレーニングなど様々な種類がありますが、今回の記事では簡単に行えるバストアップ方法をお伝えします。

 

それはツボを押すことです。

 

ツボを押すことで、リンパの働きが活性されて、視床下部を刺激することで成長ホルモンが分泌されやすくなります。

 

分泌されたホルモンはツボを刺激した箇所に集中して、それが胸ならバストアップを効果的に促すことができるということです。

 

今回はバストアップを促すためのツボの押し方を教えます。

 

まずツボですが、だん中と乳根を刺激することです。

 

この二つはバストアップだけでなく、ストレス軽減や美容にも効果があると言われています。

 

だん中は胸の谷間の中心部に、乳根は乳頭の指に2本分の下にあります。

 

この部分を中指と人差し指を3秒かけてゆっくりと押してください。

 

これを?日10回ぐらい続けます。

 

ツボを押すのは簡単に実践できますが、簡単に実践できる分すぐに効果は現れません。

 

規則正しい食生活と睡眠も同時に行なうことによって、このツボの刺激によるバストアップも効果を引き出すことができます。

 

普段の日常生活を健康的に過ごすことを中心に、このツボを押す習慣を普段の日常に取り入れることを意識してください。

 

バストアップを促すトレーニング

 

バストアップというのは胸の筋肉の成長ホルモンの分泌によって乳腺が刺激されることによって引き起こされます。

 

ですので胸を日頃から鍛えておいて、乳腺を刺激するのが非常に重用なのです。

 

乳腺を刺激する方法はとても簡単で、胸の筋肉トレーニングを行うことと筋肉の栄養をつけるためのプロテイン(タンパク質)を摂取することが重用です。

 

では胸のトレーニングは何がいいのかというと、腕立て伏せをしっかりと行って胸の筋肉を刺激することが重用です。

 

胸の筋肉を鍛えることによって、胸回りに成長ホルモンが分泌されて乳腺が刺激されて、バストアップ効果を狙うことができます。

 

バストアップを考えているのなら、ぜひ腕立て伏せを積極的に行うようにしてください。

 

腕立て伏せの目安ですが、腕立て伏せは10回から15回を3セット程度行うのが目安です。

 

女性なら初めて腕立て伏せをすると10回行うのもキツイはずです。

 

ですがその場合は膝をついて、腕立て伏せを行うようにしてください。

 

そうすれば負担を軽くすることができるので、腕立て伏せを簡単に行うことができるはずです。

 

腕立て伏せを終えた後も、たんぱく質をしっかりと補給するのを忘れないでください。

 

いくら筋肉を鍛えても、鍛えた分だけたんぱく質を摂取しないと意味がありません。

 

これを2ヶ月程度続ければバストアップ効果を狙うことができるのでぜひ頑張ってください。